スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロト6セレブになりたいですか?

ロト6で、もし1等に当選したらあなたならまず何をしますか?

1等だと億のお金がいきなり手に入るということになるので、普通は使い道も使い方もよく解らないでしょう。

お金は人を変えますから、良い方向に行く人はいいですが、大金をつかんだが為に逆に不幸になっていく人もいます。

ちょっと前に反町隆史が主演でロト6を題材にしたTVドラマ『ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇』といのがありました。

このドラマに「ロト6 セレブ」という言葉が出てきますが、「ロト6 セレブ」とは、その言葉から察しが付くように、ロト6で大金を当てて、いきなりセレブ的な生活ができるようになった人を指します。

ドラマも、実際にロト6に当選してセレブになった男性の経験を基にTVドラマ化されたものです。

年収320万円の離婚したしがないサラリーマンの男性が、ある日昼休みにお弁当を買いにいくついでに買ったロト6が当選した所から始まるこのドラマは実話ですが、タイトルに「悲劇」が付く通り、ハッピーではなく、ちょっと寂しい結末になってます。

実話をもとしているということで、反町隆史が演じた主人公の彼は、現在もブログを書いていて、気になるドラマのその後の生活も知ることができます。

ブログ名である「ロト6成金のセレブな私生活」で検索すればすぐに見つけられるので、興味のある人は探してみるといいでしょう。

宝くじはよく、「夢を買う」と言いますが、実際ロト6等の宝くじで1億円以上が当選してセレブの仲間入りをする人達は年間どれくらいいるものでしょうか?

2008年度のデータの調べによると、588人も億万長者が誕生しているということです。

この数だと、一日に一人以上の億万長者が誕生しているということになります。

こんなにも宝くじで億万長者になっている人が全国にいるということは、ロト6でセレブになることを目指すということは、まんざら「夢のような話」ということでもない様な気がしてきます。

これだけ当たっている人がいるのに私の周りには一人もいませんが・・・。

ロト6で大金を手にしたはいいが、ドラマの男性のようにその先は幸せではなかったという話もありますが、でもいつかは1等当選してみたいものです。

ロト6当選予想サイトは当たるのか?

ロト6は自分で数字を予想するという楽しさがあります。

それ故、巷にはたくさんのロト6予想ツールや攻略法があります。これらのツールや攻略法を使って購入するのもロト6の楽しみ方の一つではないかと思います。

あなたは、ロト6を購入する時、どうやって6個の数字を選んでいるでしょうか?

自分の選んだ数字でなかなか当たらない、かすりもしないということが続くと、いったいどんな数字が今まで当たって来たんだろうか、などということが気になったりします。

数字を予想する時に、何か参考にしているツールや攻略法などお持ちでしょうか?

競馬や競艇などには予想屋という人達がいたり、予想サイトというものがあるのですが、

実はロト6にも、競馬や競艇のように予想サイトや予想ソフトが存在します。

ロト6の数字の出る確率は同じなはずなのにどうやって予想するのか・・・?

予想法としては、

・これまでの当選結果の集計によってでる連鎖データ(32の次には12が出る確率が高いなど)を基に予想する。

・当選番号の累計データを参考にして予想する。

・これまでに同時に出現しやすい数字のデータを参考に予想する。

・奇数と偶数の割合や前半や後半の割合などを合わせて予想する。


などといった方法があります。

過去の予想の検証を載せているサイトもあるので自分で分析したい人には結構おもしろいと思います。

ロト6予想サイトの中にはキャリーオーバーを狙いたい人の為にキャリーオーバーが発生した回別の次の回に出た数字を棒グラフにした予想サイトもあります。

これらの予想サイトは、無料や有料のものまでさまざまあります。

有料のサイトのだいたいの費用ですが、一回の予想が140円くらいのものや予想チャートをダウンロードする形式で2,000円前後のものがあります。

有料サイトを利用したいときは、サイトによっては、過去の予想結果などを載せているところもあるので、本当に当選確率がいい予想なのかを確かめてから選ぶことをお勧めします。

いづれにしろ、必ず当たるというツールや攻略法というのは存在しないと私は思っていますので、参考程度にとどめるのが良いかと思います。

ロト6の購入に売り場は関係あるか?

ロト6購入するのは宝くじ売り場になりますが、通常の宝くじやジャンボ宝くじの場合、当たるか当たらないかの要素は売り場にもあると思います。

自分で数字を選ぶロト6やミニロト、ナンバーズの場合は売り場は関係ないと思いますが、なんとなく「ここで買ったら、当たるんじゃないか・・・」という売り場が自分の中にあったりなんかします。

ロト6は宝くじ売り場の中で数字選択式宝くじを扱う売り場ならどこででも購入することができますが、みずほ銀行など一部の銀行のATMなどで購入することもできます。
ロト6の購入できる時間も売り場によって多少異なりますが、いつもは18時30分以降も開いている売り場でも抽選日の木曜日だけは、18時30分までにしか購入できないので注意して下さい。

何故なら18時45分にはロト6の抽選がはじまってしまうからです。

今まで1等の出たことのある宝くじ売り場は、「幸運の宝くじ売り場」などと名付けられたり売り場によっては縁起担ぎのグッズが発売されていたりします。

そんな売り場には、たくさんの人が並ぶという現象も起きています。

先にも述べましたが、ロト6は自分で数字を選ぶので売り場はあまり関係がないような気もしますが、やはり少しでも縁起を担ぎたい気持ちは誰もが一緒なんですね。

尚、宝くじネットでは、西銀座チャンスセンターの全国にある姉妹店の中で、1等が当選した売り場を紹介しています。

ロト6ネットでも、1等当選の宝くじ売り場を都道府県別で検索することができます。

もし近所で縁起のいい宝くじ売り場?がないか探されている方は、参考にしてください。見てみると、意外と近所に高額当選のあった売り場が存在することもよくあります。

なお、ドリームジャンボなどの宝くじは郵便局で買うことができます(一部地域のみ)が、残念ながらロト6は郵便局では取り扱っていません。
ロト6に売り場は関係ないようですが、同じ買うなら縁起がある売り場で買うほうが、ちょっと気分が違うような気がするのは私だけでしょうか?

失敗しないロト6攻略ツールの選び方

ロト6で1等に当選することはロト6を購入する誰も抱いている夢ですが、6個の数字を的中させることは、そう容易いことではありませんね。

夢の1等当選までは行かなくとも、せめて3等くらいは当たらないものでしょうか。

そんな願いが強くなればなるほど、攻略ツールや攻略法に興味が湧いてきます。

何を隠そう私もダイレクトメール送られてきた広告のツール買ったことがあります。そんな経験を踏まえてお伝えします。


まずは、ロト6の抽選に使われている「夢ロトくん」をあなたは見たことがあるでしょうか?

ロト6がスタートした当初、よくテレビで紹介されていたのですが、夢ロトくんは、東京の宝くじドリーム館にあります。さぞかしハイテクな機械を想像するのですが、その見てくれは、想像よりもはるかにアナログな機械です。

よく商店街や近くのスーパーでガラガラ回す回転式のくじびき機がありますが、あれを自動して大型化したものが夢ロトくんです・・・。

最初見たとき、そのアナログさには驚いたのですが、このアナログさがロト6攻略の一つのカギとなっているところもあるようです。

数字を当てるロト6は机上で計算をすると、一つの数字が出る確率は確かに同じなのですが、しかし、アナログな機械となると話は変わってきます。

研究家によれば「夢ロトくんの状態や使われているボールのわずかな歪みやすりへりによって出現しやすい数字がある。」と言うのです。

つまり、数字の出現する確率が一定ではない可能性がでてきます。となると、この道のプロや研究家が用意している攻略ツールが気になってきますね。

ロト6の攻略ツールには、予想を配信するメールマガジンや、予想ソフト、予想チャート、情報提供サイトなど色々ありますが、有料のものが多いです。

これらの攻略ツールを選ぶ時は、

・わかりやすい(使いやすい)ものであること
・当たらなくても気にならない金額で購入できること
・そのツールで結果が出ているかどうかを事前に調べること

などをツール購入時のポイントにするといいと思います。

数万円の高価な攻略ツールもありますが、100%当たるものはないと言い切れます。

まぁ、当たらなくても笑っていられるくらいの金額で購入できるツールならロト6を楽しむことができると思います。

昨今、ロト6の当選発表を見ていると、昔に比べて1等や2等の当選者が増えてるように思うのですが、ツールを使っているのかなぁ?と、個人的に思う時があります。

でも、当選者が多い時なんかは、一人当たりの配当金額が減るので、せっかくロト6で1等取ってるのに配当はミニロトぐらいしか無いじゃんという週もありますね。

それでも、1千万円そこらはありますが。

ロト6の買い方と数字選び方

ロト6を購入する時の数字選び方って、人それぞれあると思います。

今回はまたちょっと、ロト6初心者用に初歩的なロト6の買い方について説明したいと思います。

ちなみに私は、3年くらいズゥ?と同じ数字を追いかけています。


まずは、ごく初歩的なことですが、ロト6を購入できるのは、ロト6のマークや旗が立っている宝くじ売り場です。

変わった所で言うとみずほ銀行でも販売を委託されている為、宝くじやロト6・ミニロトを購入することができます。

ロト6の値段は一口200円で、宝くじ売り場に置いてある申し込みカードに自分の好きな数字を6つ選んで数字のマークシートのところをエンピツで消して購入します。

一度選んだ数字で一括して5回まで継続して申し込みをすることも可能です。

例えば、「2、21、28、36、39、42」という数字を選んだ場合、この数字で5回先まで継続して申し込んだ場合、5週間の間ずっと「2、21、28、36、39、42」の権利を持ち続けることになります。

まとめ買いは10口まですることができます。
何枚もカードに記入する必要はなく、口数をマークすることでまとめ買いが可能になります。

とは言え、まとめ買いはよほど数字に自信があるか、お金に余裕があるかでないと、あまり使わない方法ではないかと思います。

ちなみに私はやったことありません。

冒頭でも述べましたが、ロト6の6つの数字を自由に選ぶ場合、どうやって選んでいいかが迷いどころでありますよね。

ランダムに選ぶ方法もありますが、人によっては自分の生年月日や記念日、車のナンバープレートの番号など、自分になじみのある数字を選ぶ人がけっこう多いそうです。

その場合、ロト6の当選発表の時にロト6のくじ券が手元になくても、数字をある程度は覚えていられるという利点があります。

でも、運を天に任せたいという時は、売り場によく置いてある数字がランダムに出てくる電卓のような機械に6つの数字を選んでもらうことも可能ですし、“クイックピック”を使うことできます。

この、クイックピックとはあなたの代わりにコンピュータが6つの数字を選ぶことをいいます。

例を上げると、5口申し込みする時に、3口は自分で選んで残り2口はコンピュータに任せてクイックピックを利用するという買い方もありです。

勝手に選んでくれるというのも、運というか、神様がくれた数字みたいで、おもしろいです。

以外に自分の選んだ数字は全滅で、クイックピックの一口が当たっていたなんてこともありますからね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。