ロト6・ミニロトで一攫千金 情報局サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

ロト6・ミニロトで一攫千金 情報局サイトトップ >ロト6の裏ワザ >>ロト6攻略本の内容とは?

ロト6攻略本の内容とは?

最近、本屋さんに行くと宝くじ、特にロト6やミニロト、ナンバーズ関係の攻略本が目に付きます。

昔はこんなにたくさんのロト6関係の本は無かったのではないかと思いますが、これも不景気でみんなの関心が宝くじに集まっていると言うことでしょうか。

ロト6の攻略本は、たくさん出版されているのでどの本を選んだらいいか迷うところです。より実践的で当選確率アップにつながる方法が載っている本を選びたいところですが、全部に目を通すのも時間が掛かります。

本のタイトルやコピーには「◎◎法則」とか、「○○裏ワザという言葉が使われていますが、こうゆう言葉って人の興味を引きますね。

ここで何冊か攻略本を挙げてみます。

『ロト6完全攻略 RUB OUTの法則―当選数字を予測する裏ワザ』というクラーク・K.小林氏の著書は、RUB OUTの法則というものを使って数字を絞り込んでいき、どんどん当選確率をアップさせる方法について書かれています。

読み進めていくと、当選が近づいて来る気がしてきます。

『5口で億を当てる!ロト6「セット球」解読術―これぞロト6予想の究極形!』という五木田忠之氏の著書は、ロト6は当たるものではなく、当てるものだという攻めの攻略を思わせてくれる本です。ロト6攻略のポイントとしてこの本では、「球」に注目します。過去のデータと科学的な根拠を重要視して当選に挑むことをを提案しているので、運まかせが嫌だという人向きです。

『幸運をよびこむ「ロト6」4億円の買い目シート―書き込み式』の著者は、峰武矢氏です。書き込み式という形になっているのがおもしろいです。「B24理論」という新しい考え方を紹介していて、峰氏の独自の分析を知ることが出来ます。「買い目シート」に書き込むことで、6つの数字を絞って選ぶことが出来る仕組みになっています。

紹介した本に共通する事は、読み進めていくにつれて、本に書いてある方法で早くロト6を買ってみたくなります。

ロト6にしろ、普通の宝くじにしろ、まず購入するのが当選の第一歩です。その後は本を読んだ方法を実践することで当選が近づいてくるというものでしょうか
スポンサーサイト


スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。