ロト6・ミニロトで一攫千金 情報局サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

ロト6・ミニロトで一攫千金 情報局サイトトップ >ロト6の当選番号を攻略するには >>ロト6はエクセル分析で勝つ!

ロト6はエクセル分析で勝つ!

ロト6の数字を選ぶ時に何気なくランダムに選んだり、クイックピックにしたりするのもいいですが、数字を当ていくという観点から見た場合、分析するいう作業ははずせません。

分析すると言うと苦手な人もいるかもしれませんが、こんな時に表計算ソフトのエクセルが活躍します。

ロト6をやった事のない人や始めたばかりの人は、ロト6とエクセルがなぜ結びつくのかわからない人も多いと思います。

しかし、エクセルの優れた機能を使うと、ロト6のデータ管理がかなりやりやすくなります。

ロト6を長くやっていると、毎週の数字選びに迷いが出でくるものです。

最初は、自分の身近な数字、例えば誕生日などの数字を選ぶことが多いのではないかと思いますが、毎回購入してもなかなか当たらないし、かすりもしないことが続くと、1つの数字が当たる確率っていうのは、実は均等ではないのではないかと思ってくるものです。

いったいどんな数字が出やすいのか。そんな、数字の分析を調べる時に表計算ソフトのエクセルが役に立ちます。

以前、ロト6をやっている友人で、毎週の当選数字をパソコンに打ち込んでるのがいました。

その友人もエクセルでデータを管理していましたが、ちょっとデータを見せてもらった事があるのですが、そのデータを見ると改めて一つの数字があらわれる確率というのは実は均等ではなく、数字の出目にはバラつきがあると思いました。

ロト6の抽選機械自体アナログなものなので、数字にクセが出てしまう事は薄々感じていたのですが、友人のデータを見た時、やっぱりそうなのかと思いました。

何も考えずに数字を選んでロト6を買うのと、データを基にロト6を買うのとではやはり、当たる確率というのは、随分と違ってくる感じませた。

ネット上でも、ロト6の攻略ソフトがたくさん売り出されていますが、エクセルを使用したものが多いです。

ネットで検索するとエクセルで表の作り方を紹介しているサイトも見つかります。

結構な値段のする攻略ソフトを買わなくても、集計やデータ管理はシンプルなので、そんなサイトを使って試してみるといいと思います。

手間と時間をかければお金をかけなくてもできるはずですが、手間と時間が惜しい人は1,000円で当選データを手に入れることも出来ます。
スポンサーサイト


スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。