ロト6・ミニロトで一攫千金 情報局サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

ロト6・ミニロトで一攫千金 情報局サイトトップ >ロト6の裏ワザ >>ロト6をATMで買う!?

ロト6をATMで買う!?

みなさんはロト6を買うときって、ロト6の旗の立った宝くじ売り場に行って買ってますよね?

でも私も知らなかったのですが、宝くじ売り場以外にロト6が買えるところがあったのです。

みずほ銀行なんかは宝くじ売り場コーナーみたいなものがある支店があって、そこで購入できるのは前から知っていましたが、なんとATMでもロト6を買うことができるのです!

これは、知らなかった・・

全ての銀行というわけではありませんが、現在ATMからロト6を購入するサービスは、都市銀行では「みずほ銀行」、「UFJ銀行」で行っているようです。

ただし、このサービスは全国すべてのみずほやUFJの店舗で実施されているわけではないので注意してください。

みずほ銀行やUFJ銀行のような都市銀行以外の地方銀行でもATMでロト6を購入できるところがあるようです。

「北海道銀行」、「みちのく銀行」、「第四銀行」、「足利銀行」、「ちば興銀」、「スルガ銀行」、「群馬銀行」、「福井銀行」、「北國銀行」、「大垣共立銀行」、「京都銀行」、「紀陽銀行」、「広島銀行」、「山陰合同銀行」、「四国銀行」、「福岡銀行」、「一八銀行」、「肥後銀行」、「大分銀行」

これらの地方銀行がそうなのですが、地方銀行も販売地域によって制限があるということなので、足を運ぶ前に一度HPなどで調べてからにして下さい。

ATMでロト6を買うことのメリットとしては、当選した時に自動的に口座に振り込まれるということです。

当たっているのに見間違いでロト6の券を捨ててしまったり、当たっているのに気付かずに支払い期限が過ぎたりということも無きにしもあらず。これなら安心です。

よくロト6を購入してたはいいけど、どこにやったか思い出すのに時間がかかる私にとってはとても大きなメリットです(笑)。

メリットがあればデメリットもありますが、強いてデメリットを挙げるとしたら、当選した時の払い戻しが窓口で購入した時よりも遅くなるということです。

ロト6は木曜日に当選発表しますから、小額当選の場合、宝くじ売り場窓口で金曜日に払い戻すことが出来ますが、それがATMを利用すると、原則、当選発表の翌々営業日になります。

つまり、月曜に振り込まれるというわけです。

特にその辺のデメリットが気にならないなら、近くに売り場がない人や、出かけた先に取り扱っているATMがあった場合など、ついでに買いそびれなくロト6を買うことができますよね。
スポンサーサイト


スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。