ロト6・ミニロトで一攫千金 情報局サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

ロト6の用語について。

様々な業界ではその業界ならではの業界用語というものがありますが、宝くじの中、にも業界用語は存在します。

もちろん、ロト6にも独特の用語があります。

皆さんがよく知っている用語としては、当選者がそのの「夢ロトくん」はほとんどの人が知っている有名なところではないでしょうか。

ロト6の用語はその他にも色々とあります。

【完全削除】
ロト6の用語として使われる時は、ある数字を完全に使わないという意味をあらわします。

【基準数字】
抽選結果の本数字の中で最小のものを言います。「絶対基準数字」という用語は数字の1をあらわす。

【クイックピック】
自分ではなくて、機械に数字を選ばせることを言います。完全(?)にランダムの数字になっているということです。

【三等保証】
購入費用を抑える目的に使われることが多い。6個の本数字がすべて入っていることが条件。少なくとも三等が保証されるため、三等保証。同じ意味で四等保証もある。

【飛び番号】
当選番号を一回ずつ飛ばしながら数字の連動を見ながら統計を考える人気の予想法。

【引っ張り現象】
前回のロト6で出た本数字の6つの組み合わせの中で1つ以上が次週にもあらわれるという現象のこと。ロト6以外の宝くじでも使用される事のある用語。

【ボーナス数字】
1回の抽選で7個の球が選ばれますが、その7個目の球のことを言います。二等の抽選の時だけ使われる数字。

【本数字】
抽選時、当選の対象になる数字のことで、上記までにも何度も使ったように、ロト6でよく使われる用語の一つです。

【ミニロト状態】
ミニロトと同じ数字(31以下)しか使わない選び方をいいます。

などの様々な用語がロト6にもあります。

ロト6に限らず、用語というのは、なんとなく言葉から想像できるものもあるのですが、知らないと何を言っているのか、想像できないものもあります。

どんな業界もそうですが、用語などは聞くことに集中すると何とかなるものです。
スポンサーサイト


スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。