スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニロトでミニロト生活!?

ちょっと昔になりますが、ロバート・キヨサキが書いたベストセラー「金持ち父さん・貧乏父さん」という本がありますが、その中に不労収入や不労所得という言葉が出てきたと思います。

ミニロトが好きだと言うあなたなら、きっと、不労収入に憧れているのではないでしょうか?


ミニロト生活という言葉をミニロトが好きな人なら一度は耳にした事くらいはあるでしょう。

ミニロト生活とは、その名の通り、ミニロトの当選金だけで生活する事の事を指す表現ですが、

最近では、もう少し気軽なニュアンスがあって、

「普通に暮らしてる頃よりミニロトで少しリッチな生活をする」
といった感じでも使われるようになってきているようです。

多少ニュアンスの違いはありますが、ネットで「ミニロト生活」と検索してみると、かなりの数のサイトが引っ掛かってきます。

そんなサイトの中には、ミニロトの買い方から始まり、細かな予想やロトなどに関する情報収集に便利なサイトリンク集など、ミニロトに関するあらゆる情報がたくさん載っている有名なものもあります。

予想法や分析法の情報交換の場になる掲示板サイトなんかもあり、ロトユーザーに活用されているようです。

また、サイトの中には数字をどのように組めばよいか、なかなか悩んでもしまって決められない時の為に、ミニロトの数字予想ソフトもいくつかアップされているサイトもあるので探してみると良いと思います。

アップされているミニロトの数字予想ソフトには、ビアス式と言う普通の絞り込み予想するタイプのソフトの他に、今回は出ないと思う数字をあらかじめ指定して削除した状態で絞り込んでいるソフトもあるので、

自分にあった方で試してみることが出来るでしょう。

まあ、このようなミニロト情報のサイトは当たる事を保証するとか、確実に稼げる裏技を紹介すると言った物では決してありませんが、

何気なく、ただ闇雲にミニロトを購入し続けるよりは、少し、こういったサイトも利用して、ミニロトの情報収集して、色々な角度から当選番号を分析しながら、毎週挑戦する方が当選の可能性が上がるかもしれませんよ。

このようにミニロトのことを調べて楽しむこともミニロト生活の一環です。

不労収入まではいかなくとも、ミニロトの当選確率アップをはかることは出来るような気がします。

ミニロト情報局を利用する

ミニロトを続けて購入しているのに中々当たらないとなると、つい、何か参考になるデータや予想は無いものか考えるものです。

そんなミニロトファンの為にミニロト情報局というサイトがあります。

最近ネットに存在するたくさんのミニロトに関する分析や予想等の情報を提供しているサイトの1つなのですが、数あるミニロト・サイトの中でも少し有名なサイトです。

このミニロト情報局には、色々なデータ分析をしてはじき出したミニロトの予想数字が公開されています。また、その予想数字が実際どれほど当たっているのかという予想数字の実績も確認することができます。

分析されているデータについても、累計、傾向、相性、奇偶前後合、一の位、十の位、個別数字というように細かく分類されていて、分類されたデータのすべてが見れるので、自分の好みに合わせた予想を立てることに使えます。

当選番号の検索や過去の当選番号の一覧もミニロト情報局で見ることが可能です。

数字を思いつきでランダムに選ぶのもいいですが、ミニロトは数字を試行錯誤して分析し、予想するのも楽しみ方の1つです。

次回ミニロト購入時に細かなデータを参考にしてみるのも良いでしょうし、分析なんて頭を使うのは面倒くさい!という人にはミニロト次回予想の予想数字だけでも参考にするのもよいのではないでしょうか。

ミニロトを買っている人には、他にロト6やナンバーズも購入している人が多いかと思いますが、「ミニロト情報局」には、「ロト6情報局」、「ナンバーズ情報局」という姉妹サイトがあるので、ミニロトの情報だけでなく、ロト6やナンバーズにも強い味方になります。

他のミニロト関連のサイトもそうですが、ミニロト情報局の予想は確実に当選番号が解るというものでは、もちろんありませんが、適当に買って、ビギナーズラックを狙うことに疑問や限界を感じた時は、ミニロト情報局を活用してみてはいかがでしょうか。

闇雲に数字を選ぶよりは、グッと確率は上がってくるとおもいますよ。

ミニロトとは、どういう宝くじなのか?

ミニロトは1999年から始まったと記憶しているのですが、ロト6よりも早くスタートしています。

ロト6同様、人気も一等当選額も高い宝くじです。

人気の高いミニロトですが、ミニロトとはいったいどのような宝くじなのかご存知でしょうか?

最近はミニロト以外にもナンバーズやスクラッチなどのたくさんの種類の宝くじがあるので、いまいち違いや特徴が分かりにくいと思っている人も少なくないと思います。

そんな人の為に簡単に「ミニロト」について説明してみます。

ミニロトは簡単に言うと、1から31までの31個の数字のうち、5個を選択する数字選択型の宝くじです。

1?31の数字の中から自分の好きな数字を5つ選びます。抽せんは毎週火曜日18:45に行われます。

抽選日に選ばれた本数字と自分が選んだ数字とが、全て一致すれば1等の約1000万円、

本数字4つとボーナス数字1つが一致すればで2等の約14万円。

本数字4つと一致で3等の約1万円、本数字3つと一致で4等の約1千円の配当金が受け取れます。

選び方は全部で169,911通りあり、当選確率は1等で約169,911分の1となります。

2等の当選確率は1等の5倍ほど、3等では1等の125倍ほどで、4等になると1等の3250倍まで確率は上がります。

ミニロトの当選額、当選確率とも、約となっているのは、ミニロトは販売数に制限がなく、その週の販売額により当選金や当選口数が変動する為ですが、当選金の法定上限額は1口あたり最高40,000,000円になります。

また、ミニロトにはロト6のようにキャリーオーバー制度が無い為、これを超える賞金は他の等級に振り分けられます。

ナンバーズに良く似た性質の宝くじですが、数字の組み合わせはミニロトの方がかなり上です。

当然ではありますが、高額当選の可能性はナンバーズよりも高くなります。

理論上は当たる確率もナンバーズよりも下がっては来るのですが、だからと言ってミニロトがナンバーズよりも人気がないのかと言うと、そうではなく、どちらを選ぶかは好みによるところが大きいようです。

ロト6、ミニロト、ナンバーズと全部買う人は、ほぼ毎日が抽選日になるので、毎日ワクワクしているのではないでしょうか?

ミニロト攻略 予想ソフトの選び方

ミニロトを購入する時に数字を選びますが、これが結構迷うものです。

自分に縁のありそうな数字、例えば誕生日や電話番号、住所等や、はたまた、ふと目にとまった数字などを願掛けや神頼みのように選んでミニロトを購入する人って案外多いと思います。

まあ、ミニロトを楽しめればいいんだと思って買っている人はそれでいいのだと思います。

でもたいていの人は、ミニロトを買うからには、当てたいと思って買いますし、ミニロトで本格的に稼ぐことを目的として購入しているのなら、願掛けや神頼みの数字選びでは残念ながらなかなか当たりません。

では、どんな数字の選び方や組み合わせ方をすれば当たるのか?そんな選び方は分からない言う人がほとんどだと思います。

そんな時にちょっとお薦めなのがミニロトの予想ソフトです。

予想ソフトと言っても無料のモノから有料のモノまでありますので、数字選びにようにまた、どの予想ソフトを選んでいいか分からないということにも成りかねません。

これらのミニロト予想ソフトは実際に自分で使ってみて初めて結果が分かるモノなので、無料ならともかく、有料のモノは購入するのに不安はあります。

ミニロト予想ソフトを選ぶのに、一概には言えませんが、参考になりそうな選び方を少し紹介すると、まず、チラシやインターネットの宣伝サイトのキャッチコピーに“インサイダー情報”等をうたい文句にしているモノは避けた方が無難です。

そんなインサイダー情報が本当にあるなら一般公開したりするでしょうか?

前回出た数字が1つは絶対出るなどの情報も根拠があいまいです。

ミニロトで、実際そうなっていない時は有りますしね。

また、ロト6と同じデータを算出して使っているようなソフトも信用できません。ロト6とミニロトはルールが同じなのにもかかわらず実際に出現している数字の法則データが全く違うのです。

なので、ロト6と同じデータを使いミニロトの当選数字を算出しているような予想ソフトは、かなり信頼性に欠けると思います。

逆に、純粋にミニロトでの出現率や出現周期などを元に予想しているソフトやツールは信頼性が高いと言えます。

もし、ミニロト攻略に予想ソフトやツールを使ってみようと検討しているなら、参考にしてみて下さい。

ロト6の用語について。

様々な業界ではその業界ならではの業界用語というものがありますが、宝くじの中、にも業界用語は存在します。

もちろん、ロト6にも独特の用語があります。

皆さんがよく知っている用語としては、当選者がそのの「夢ロトくん」はほとんどの人が知っている有名なところではないでしょうか。

ロト6の用語はその他にも色々とあります。

【完全削除】
ロト6の用語として使われる時は、ある数字を完全に使わないという意味をあらわします。

【基準数字】
抽選結果の本数字の中で最小のものを言います。「絶対基準数字」という用語は数字の1をあらわす。

【クイックピック】
自分ではなくて、機械に数字を選ばせることを言います。完全(?)にランダムの数字になっているということです。

【三等保証】
購入費用を抑える目的に使われることが多い。6個の本数字がすべて入っていることが条件。少なくとも三等が保証されるため、三等保証。同じ意味で四等保証もある。

【飛び番号】
当選番号を一回ずつ飛ばしながら数字の連動を見ながら統計を考える人気の予想法。

【引っ張り現象】
前回のロト6で出た本数字の6つの組み合わせの中で1つ以上が次週にもあらわれるという現象のこと。ロト6以外の宝くじでも使用される事のある用語。

【ボーナス数字】
1回の抽選で7個の球が選ばれますが、その7個目の球のことを言います。二等の抽選の時だけ使われる数字。

【本数字】
抽選時、当選の対象になる数字のことで、上記までにも何度も使ったように、ロト6でよく使われる用語の一つです。

【ミニロト状態】
ミニロトと同じ数字(31以下)しか使わない選び方をいいます。

などの様々な用語がロト6にもあります。

ロト6に限らず、用語というのは、なんとなく言葉から想像できるものもあるのですが、知らないと何を言っているのか、想像できないものもあります。

どんな業界もそうですが、用語などは聞くことに集中すると何とかなるものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。